ECサイトはどこで作ればいいの?

ECサイトはどこで作る?

本日のお悩み相談室は

ママさん

ECサイトを作りたいんだけど、どこで作れば良いのかな?

そんなお悩みを頂いたので回答したいと思います。

自分の作品を販売しようと思ったとき、どのECサイト構築ツールを使えばいいか悩みますよね。

BASE?

WordPress?

Wix?・・・

目次

私なりの結論

結論から言うと、

鈴木ゆうこ

下記2パターンから自分に合う方を選び、そこの中から選んでください!

自分でサイトを作って更新していきたい人には・・・

  • パソコン操作が苦手
  • とにかく簡単がいい!
  • すぐに開店したい!
  • 保守管理?セキュリティ??わからない〜

っていう方は

鈴木ゆうこ

ASPのBASEやSTORES、CAFE24、MakeShop、Shopify、Wixなどから。

メリット

  1. 簡単に利用できる
    導入の際にインストールしたりしなくても、ネット環境さえあればいつでもどこでもすぐに利用できます。
  2. 管理システムがいらない
    バージョンアップなどもサービス提供者側がしてくれるものが多いので簡単楽ちん。
  3. セキュリティ面に心配不要
    管理コストだけでなく、セキュリティ面も提供者側になるので安心して利用できます。

デメリット

  1. ASP側の障害に左右される
    ASP側で何か障害があるとお店が表示されなかったり、動作が重くなったりなどの影響が出る場合があります。
  2. カスタマイズが簡単にできない
    デザインも含め、自由好き勝手に作りたい場合はWEB制作の知識・スキルが必要

デザインにこだわりが強く、本格的自社ショップを持ちたい方には

  • パソコンはやればできる!
  • デザインにこだわりあり。
  • web制作を誰かにしてもらう(土台を作ってもらう)気がある
  • 本格的な自社ショップを作って運営していきたい!

こういった方は

鈴木ゆうこ

オープンソースサービスのEC-CUBE、WordPressなどから選ばれるといいと思います。

メリット

  1. デザインに妥協なく作れる
    ある程度自分の思い通り描いたデザインのサイトが作れる
  2. 最小限のコスト
    EC-CUBEやWordPressの場合、サーバー代・ドメイン代だけ。

デメリット

  1. WEB制作の知識、スキルが必須
    WEB制作の知識、スキルがないと作れません。
  2. セキュリティ管理も自社で
    一般公開されているプログラムを使うので、セキュリティ面を正しく対策する必要があります。
  3. サイト管理も自社
    保守管理なども全て自社責任になります。

この2パターンです。

とにかくECサイト構築ツールは種類が沢山あるので、
ある程度ご自身で調べて2、3個目星をつけて、

鈴木ゆうこ

まずは使ってみることが一番いいと思います。

それぞれ付随する機能も違うし、操作方法に合う合わないもありますよ。

とはいえ、これだけではアドバイスでもなんでもないので(¯―¯٥)
多少の現時点での比較をしてみることにしました。

個人的にはASPが安心安全でおすすめ

ASPは初期費用だったり、月学費用がかかりますが、

鈴木ゆうこ

セキュリティ面を考えると断然こちらASPをお勧めします。

じゃあ、

ママさん

BASEやSTORES、CAFE24、MakeShop、Shopify、Wix、これらのどれが良いのさ?

となりますよね。

ここでまた私なりの現時点での見解を書きます。

っとその前に
まずShopifyとWixですが、こちらは両方とも大元は海外のものです。

ShopifyはEC業界の中で昨今話題になっており、人気にもなってきていますが初心者向けではない(日本のサポートがまだ十分でない)気がするので今回は割愛します。

Wixも同様で簡単にサイト構築ができるため、こちらも人気があるのですが、依存性が高く、サポートも不十分な気がするので割愛しますm(_ _)m

COLOR MEはフリープランが一番安く月額費用0円からできますが、都道府県別 配送日設定ができなく最低限のものができないと判断したため今回は一つ上のレギュラープランで考えていきます。

操作簡単、充実した機能!でおすすめは「BASE」と「STORES」。

鈴木ゆうこ

2つの大きな違いとしては、サポートかなと思います。

利用者数としてはダントツでBASEが上なのですが、

  • BASEはメールやチャットでのサポートはあるものの、電話サポートがありません
    なので急なトラブル対応ができないデメリットがあります。
  • STORESはサポート体制がしっかりしており、電話サポートあり
    急なトラブル対応も安心ですね。

なのでパソコン操作が不安、自分で検索して調べるのができない!なんて人はSTORESがいいかと思います。

鈴木ゆうこ

あと注目してみていただきたいのは売上入金処理のところかと。

どちらも売上は一旦、ASP側に入金され、それを自分でASPの申請して自分の口座に振替してもらう流れになっています。
そのときに受取手数料という名のものが発生し、それらが引かれた金額が振り込まれます。

振込申請してからの振日数も各々違うところもチェックしておきたいところです。

BASEの場合は
【振込手数料】一律250円【事務手数料】・2万円未満の場合:500円・2万円以上の場合:0円
申請日から土日祝除いて10日前後で入金。

STORESの場合は
【振込手数料】一律275円【事務手数料】・入金1万円未満:275円・入金1万円以上 0円
各種手数料を差し引いた入金金額が1万円以上の場合、月末締めの翌月末払いで入金。

入金金額が1万円未満の場合でも振込を希望の場合は、「売上」>「入金」タブより振込設定の変更が可能。

そしてBASE・STORESともに共通で注意点があります。

それは売上金の失効期限。
売上日から180日以内に振込申請しないと振込申請の権利が失効するので忘れずに申請しましょう。(一応、メール連絡あります。)

ゆくゆくは国内外のビジネス展開も視野に入れている人向けは「CAFE24」

調べている間に見つけたCAFE24。

ここが他と違うのは、
基本無料の中に、なんと1つのアカウントで最大15個もショップが作れる・・・
さらに多言語対応で日本語、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語、ベトナム語、スペイン語、ポルトガル語と8種類の言語に対応しています。

ただこちら任せのカスタマイズが多々あります。
決済も提携決済会社から自分でどこと契約するか選んで契約するタイプです。

例えていうなら、auのpovoみたいなイメージかな・・・(わからない人すみません(¯―¯٥))
用はゼロから自分で作っていくような、そんな印象を受けました。

私なりにこんな比較が知りたいなっていうのを表にまとめてみました

スクロールできます
BASE
STORES(フリープラン)CAFE24COLOR ME(レギュラープラン)MakeShop(プレミアムプラン)
https://baseu.jp/6685https://stores.jp/ec/pricehttps://www.cafe24.co.jp/https://shop-pro.jp/pricinghttps://www.makeshop.jp/main/plan/
初期費用0003,300円11,000円
月額費用0
003,300円11,000円
長期契約最大30%OFF
販売手数料サービス利用料3%0000
決済費用00決済代行会社による0月額: 1,100円
決済手数料3.6% + ¥40
決済手数料は送料にもかかります。

クレジットカード
キャリア決済
銀行振込
コンビニ決済・Pay-easy
後払い
Paypal
5%(フリー)

クレジットカード
キャリア決済
銀行振込
コンビニ決済
翌月後払い
PayPal
楽天ペイ
契約の際に決済代行会社からご案内

PayPal
クレジットカード
コンビニ決済
後払い
(コンビニ決済、銀行振込、郵便局、LINE Pay)
LINE Pay
その他、有料契約できるものもあり

詳細はこちら
クレジットカード4.0%~
後払い4.0%~
コンビニ払い130円~
代引き決済280円~
Amazon Pay月額2,000円 + 3.9%
楽天ペイ月額2,000円 + 4%
LINE Pay月額2,000円 + 3.45%
PayPay月額2,000円 + 3.45%
※GMOイプシロンで契約時の料金を参考にしています。
※ご利用には別途決済代行会社とのご契約が必要です。

詳細はこちら
VISA/Mastercard:3.19%~3.39%
JCB/American Express/Diners 3.49%
受取手数料【振込手数料】
一律250円
【事務手数料】
・2万円未満の場合:500円
・2万円以上の場合:0円
【振込手数料】
一律275円
【事務手数料】
・入金1万円未満:275円
・入金1万円以上 0円
決済代行会社による決済代行会社による

GMOイプシロンの詳細はこちら

カラーミーペイメントの詳細はこちら
申請金額の手数料(1.5%)
FREENANCEと連携

詳細はこちら
商品数無制限無制限無制限無制限10,000点
フリーページ
デザイナーズテーマ、および「HTML編集 App」で作成されたカスタムテーマには現在対応していない。

追加できるコンテンツとしてフリースペースがある
テーマによって使えないものもある

詳細はこちら

有料

詳細はこちら
独自ドメイン
サーバー側でDNS設定しないといけない
https://craftwriter-blog.com/base-own-domain/

ただしSTORES内での新規取得のみで、外部からの移管や外部への移管はできない

サーバー側でDNS設定しないといけない

詳細はこちら

常時SSL▶︎独自ドメインご利用の場合は
1,100円/月

常時SSL▶︎独自ドメインご利用の場合は
有料
インスタ連携有料 550/月
Amazonto連携もできる
サブスク
https://thebase.in/subscription

https://stores.jp/subscriptions
×
利用できる決済方法が
銀行払い、代引きのみ


詳細はこちら
メルマガ有料
有料(5,940円~/3ヶ月)

50万通/月
サポート
メールまたはチャット
電話のサポートなし

電話

メール・電話

メール・電話

メール・電話
HTML・CSSもサポートあり
会員制
シークレットApp

シークレット機能

会員管理


詳細はこちら


詳細はこちら
受注販売

予約販売機能

予約注文
×
代わりの提案がされている

詳細はこちら

予約販売

詳細はこちら
ダウンロード販売×

詳細はこちら
×

うっ・・・
なんか見づらい・・・すみません(¯―¯٥)

ご自身で必ず各サイトをチェックしてくださいね

ざっと上に表を書きましたが、私のネット収集情報なので誤りがあるかもしれないし、どんどんネット社会は更新されていくので、あくまでも参考程度にお願いいたします。

こういったところを気にしてチェックするといいんじゃないかな?っていう項目を挙げているので、そちらを確認しながら実際にご自身でもサイトチェックを必ずしてくださいね。

鈴木ゆうこ

少しでも参考になりますように!

ちなみにBASEは2022年4月に新たなグロースプランというのが登場します。
こちらのプランは▶︎決済手数料2.9%+月額サービス利用料5,980円。
ショップの売上規模が月商17万円を超える場合、従来の料金プランよりも手数料を抑えられるようになっているそうです。

鈴木ゆうこ

その他、参考になりそうなおすすめサイトも載せておきますね。

Web幹事
BASEとSTORESを比較!どちらが集客・売上アップに向いている?手数料や機能を解説 | Web幹事 ネットショップ開設サービスのBASEとSTORESを比較します。料金や機能などからおすすめの人を解説。自社はどちらのサービスを導入すべきか判断できます。分かりやすく比較表...
JetB株式会社
【2021年最新版】BASEの手数料は高いのか?!STORESとBASEの違いを比較!~7月10日料金改定~ | JetB株式会... 【2021年最新版】BASEの手数料は高いのか?!STORESとBASEの違いを比較!~7月10日料金改定~
あわせて読みたい
2022年版|厳選ECショッピングカート全データ比較表!料金・特徴・機能まで1ページに総まとめ - いまど... あなたは、数あるネットショップ作成サービスの違いをご存知ですか?このページでは、厳選12社のショッピングカートの料金及び機能について徹底比較してみました。ネットシ...

まだまだお悩み募集しています!

  • 自分のデザインがイマイチに感じる
  • メディアごとに違うデザインになってしまってる
  • デザイン発注がうまく出来ない
  • デザインを誰かに頼みたいけど誰に頼めばいいかわからない

このようなお悩みをお持ちの方へ

PDFのワークに答えていくだけで、
あなたオリジナルのデザイン発注書ができあがる!

\これさえあればデザイン発注ももう怖くない!/
【無料PDF】デザイン発注前に用意しよう!<7つの材料>

目次