ランディングページは必要?

ランディングページ 要るか要らないか

結論

必要な方と必要でない方がいらっしゃいます。

※un bijour で言う「ランディングページ」は、リスト収集ページやセールスレターのことを指しています。

では、必要であるか必要でないかを見てみましょう。

目次

ランディングページとは

ランディングページはホームページと違い、情報を提供するのではなく、1ページで1つの商品やサービスを販売したり、最終的にユーザーに行動(申し込み、問い合わせ、ご購入など)していただくことを目的としたページになります。

なので、

  • 会社として情報をweb上に置いておきたい
  • 特にユーザーに行動してもらうことを求めていない

などの場合はランディングページの必要性はないと思います。

それとは違って、
集客の自動化目的でダイレクト・レスポンス・マーケティング(DRM)を実践するなど、

最終的にユーザーに行動して欲しい場合

はランディングページが必要です。

では、もう少し深堀りしてランディングページを見てみましょう。

ランディングページは大きく分けて2種類ある

下記2種類は両方ともランディングページと呼ばれるものです。

まずそれぞれどんなものか説明しますね。

【1】リストを収集するためのランディングページ

これは「ユーザー情報」をもらうためのページです。

メルマガ(LINE公式)に登録してくれたら無料プレゼントします!とか、よく見かけませんか?
メルマガ登録する際、名前やアドレスなど何かしらの「ユーザー情報」を登録してもらいますよね。

メルマガ登録だけではなく、無料サンプルを送りますよ〜というページもこちらにあたります。
この場合も無料サンプルをもらいたい場合は必ず名前や住所など「ユーザー情報を登録」します。

この場合は「ユーザーに情報を登録してもらう」という行動をしてもらうことが目的ですよね。

別名、リスト取りページやオプトインページとも言われています。

【2】セールスレター

商品・サービスをセールスするためのページです。

1つの商品・サービスについてユーザー心理に合わせた濃いメッセージを伝え、最終的に行動を判断してもらいます。

この場合は「ユーザーに申し込んでもらう、問い合わせてもらう、購入してもらう」という行動をしてもらうことが目的です。

ランディングページは大きく分けて2種類あるんだ〜とわかったところで、次はその2種類のランディングページの共通点と違う点を見ていきましょう!

ランディングページとセールスレターの共通点

では、共通点から見ていきましょう!

何度も言っていますが、どちらも「ユーザーに行動をしてもらう」ページです。

そして、もう1つの共通点として、
ページを作る上で、最後の行動してもらうアクション以外に余計なリンクはつけない(※絶対ではない)ことです。

他へ遷移できるリンクがあった場合、
紹介している商品・サービスに少し興味を持ち始めたところで、「あっ、ちょっとこれも見てみよう」と意識がそちらにいき、他のページへ遷移してしまいます。

結果、いろいろな情報を見てしまい、最終的に「やっぱりいらない」「他をもっと見てみよう」など、起こして欲しい行動から離れていってしまいます。

逆の例として、
ホームページはメニューやサイドバー、他ページへの遷移リンク、関連記事など多数のリンクをはり、たくさん見ていただきたいツールですね。(情報提供型)

ランディングページはメニューやサイドバー、他ページへの遷移リンクなどは一切設置せず、ページで紹介している商品・サービスに対してのアクションボタンだけが基本です。

この意味は、ユーザーに紹介している1つの商品・サービスに集中してもらうためです。

ランディングページとセールスレターの違う点

じゃぁ、ランディングページとセールスレターの違う点は何?となりますよね。

それは、
「ユーザーにアクションしてもらうハードル」の違いです。

ランディングページのユーザー情報登録は行動してもらうのに比較的ハードルが低いですが、
セールスレターはハードルが高いですよね。

登録だけでメルマガが届いたり無料プレゼントがもらえるものと、
実際に購入したり申し込んだりするのはユーザーの熱量が全く違います。

特にセールスレターはネットビジネスの集大成となるページになるので、事前準備のリサーチやライティングスキルなどが必要になってきます。

ランディングページとセールスレターの使い分け

ここまでで、ランディングページの必要性とランディングページとセールスレターの違い、お分かりいただけたでしょうか。

ダイレクト・レスポンス・マーケティングのランディングページ活用方法として、

  1. ランディングページ→見込み客のリストを集める
  2. セールスレター→見込み客リストに対して、商品を紹介し販売する

このような効果的な販売経路を構築することができます。

あなたのネットビジネスにランディングページは必要でしたでしょうか?

目次
閉じる